マンゴスチン


ナイトバザール店から帰る途中、深夜のマーケットに毎日寄る。

そこでは野菜や果物を売っていて、明日のおかずの材料や果物を買って帰る。


晩ご飯を6時ごろ済ませ、ナイトバザールへ向かい、家に帰ってくるのが夜の12時ごろ。

本当は何も食べないでそのまま寝たほうがいいことは分かっているのだが、ついついパンやラーメン、お菓子などを食べてしまう。

そしてブクブクと太る。

このサイクルは良くないということから、帰ってきてから食べるものはフルーツに限定しよう!と主人と決めた。
(すぐに破られる約束だが)


そして昨日、今年初めてのマンゴスチンを買った。

1kgが40バーツとまだ少しお高め。

「果物の女王」と言われるだけあって、その繊細な雪のような果肉は、白く美しく、その上品な甘さはたぶん私が一番好きだと言える果物だ。


以前日本に帰った際に、冷凍マンゴスチンが1個198円で売っていた。

あまりの値段の高さ、冷凍のせいか、その見ための貧相さにびっくりした覚えがある。



主人は「チョンプー」という果物を買った。

チョンプー


日本では何と言われているのだろう。
英語では何て言うんだったっけ?

味はそのロウソクのような見た目どおり(?)、なんだか中途半端なりんごと言う感じで私はあまり好きではない果物だ。


私が
「タイは1年中いろんな違った種類の果物が楽しめていいね。」
と言うと、主人は同意しながらもこう言った。


「タイって言う国がどうやってできたか知ってる?」


主人がタイについて語りだした。


「神様がいろんな国を作るときに、それぞれ平等になるようにいろんなものを配置していったんだ。 イラクのように石油があふれて豊かな国には砂漠や戦争を、日本のように勤勉で豊かな国には地震や津波をもたらして、それぞれの国にプラスとマイナスをうまく配置したんだ。」


「でね、良いもの袋と、悪いものの袋を担いで、いろいろな国に神様がをそれを配置しに行く途中で、タイの上で良いものの袋に穴が開いたんだって。」


「そこから良いものがタイの土地の上にこぼれ落ちて、果物は1年中あるし、気候は良いし、石油も取れる、、、そんな国になったんだ。」


「それでね、それじゃ~、不公平だってことで、神様同士で話あったんだよ。」


「でね、その結果、「タイ人」と言うマイナスを配置することで決着がついたんだよ。」



「・・・・・・・・・」


私はびっくりした。


「それは自分で考えたこと?!」


「いいや、そうやって教育本に書いてあるんだ。 子供のころ、みんな学ぶことだよ。」



「・・・・・」


もしかしたら、主人が育った地域だけでそう教えていたのかもしれないが、そんな風に教えるタイの教育って一体。。。




↑↓良かったら応援クリックお願いします↓↑
banner_02.gif


スポンサーサイト

アカ族の木彫り人形

体重測定

comment iconコメント ( -5 )

こんばんは^^
たしかにフルーツ王国ですよね~
新鮮でお安い!
どっちも永遠に食べられない。。きっと。
日本のフルーツは高すぎだし
貧弱だもん。
マンゴスチンの果肉でレイシー思いだしましたが
全然違うかな・・

ご主人のお話し・・説得力ありましたよ。
でもマイナス面としてのタイ人というところは
タイの教育では教えないよね~~^^

名前: 匿名さん [Edit] 2007-02-02 22:16

↑名無し・・又やってしまった^^;
私です。

名前: mogyo [Edit] 2007-02-02 22:17

ども。
やっぱタイっていいねぇ~e-2
気候もいいし果物も美味しいって最高だねe-2

新鮮な食材が手に入るってのは、料理好きにとっては最高の環境だねe-2

でも、ご主人の話は納得できるねぇ~。

だって、タイは産業があまり発達してないからどうしても先進国と差が出てしまう。
でも豊富な自然や資源もある。

だから、神様を例えて教えてるんじゃないのe-3

名前: もるパパ [Edit] 2007-02-02 23:39

うわ~!
マンゴスチンも“チョンプー”も、とってもきれいで美味しそう!!

日本で見かける南国フルーツは
高くて小さくて、マズイ…!!
わざわざ高いお金出して買う気にもならないような代物!
“食”が恵まれてるってかなりポイント高いね~♪

神様のお話、面白いね。
ものすごく納得してしまった。。。
『タイ人というマイナス』かぁ。。
自分で言い切っちゃうタイ人って、ある意味スゴイかも(笑

日本だと「わかってるなら、直せよ!!」とかいっちゃうよね~^^;

名前: mai [Edit] 2007-02-03 09:04

★mogyoさんへ★

フルーツ王国だけあって、確かに新鮮で安いです。
でも永遠に食べられないなんて!
そんなことないですよ、きっと。

日本で食べることは難しいかもしれませんが、東南アジアへびゅ~ん!と旅行するってのはどうですか?

食べる部分の大きさはレイシーぐらいです。
皮は分厚く硬いのですが、中の実の歯ざわり、甘さがレイシーとはまったく違います。 
お口に入れるととろけちゃう!って感じです。




★もるパパさんへ★

新鮮で変わった食材が、とても安くで手に入るので、料理好きの方には持って来いですね!

でも1kg単位で売っていることがほとんどですので、2人しかいない私たちはちょっと大変ですけど(苦笑)。

タイって遅れてるように思われがちですが、バンコクやチェンマイなどは、日本とほとんど変わらない印象です。

チェンライはまだまだ取り残されてますけど(笑)。




★maiさんへ★

確かに日本で売っている南国のフルーツって、高いわりにおいしくないものが多いですよね。

神様の話、私たちタイ人でない者が聞いても、それはあんまりにもひどい話、、、と思っちゃいますよね。

確かにそんな風に言い切っちゃうタイ人はある意味すごいです。

ちなみに主人いわく
「恥ずかしい。」
らしいです。

そりゃ~、そうでしょ~。

名前: み~。 [Edit] 2007-02-03 20:43

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -1 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

trackback avater

2007-04-08 07:33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。