昨日の夜、まだ歩けずにベッドで寝たきりの主人は、とうとう決意した。

「明日、朝起きて、まだ歩けなかったら、男らしく病院へ行く!」
私は内心
(それ、ここんところ毎日言ってるけど、、、。)
と思いながらも、
「そうしよう!」
と強く賛同した。


そして今日の朝、やはり足をぶら~んとベッドから下げると、ズキン!ズキン!と心臓と同じペースで足が痛んで、歩けないという。

そして、今日の午後、病院へ行くことになった。

スタッフのオー君の運転で、近くの総合病院へ連れて行ってもらった。

足を引きずりながら、私の助けを借りてゆっくりと歩いている主人を見た看護婦さんが、すばやく車椅子を用意してくれた。

私もさぁ、さぁ、これに座って、と促すが、主人はじっと車椅子を見つめたままで動かない。

「何で座らないの? 座ったら楽だし、移動にも便利ですよ。」
看護婦さんも促す。

私もうなずく。


主人は言った。
「ここで車椅子に座っては、ムエタイ(タイのキックボクシング)選手としての名が廃る。」


「はぁ??」
看護婦さんはとても不満そうだったが、私と主人はノロノロとその場を離れた。
もちろん主人はムエタイの選手でもなんでもない。


うっかりIDカードを忘れたがそんなことはお構いなく受付を済ませ、まずはレントゲンを撮ってもらった。

レントゲン写真は2枚。
1枚は普通の足の骨で、もう1枚は足の甲の骨が4、5分割されていた。

これだけ足が腫れ上がってて、しかも歩けないぐらい痛いんだから、骨にヒビでも入ってたらどうする~?!と話していたので、その写真を見た私と主人は息を呑んだ。

二人で顔を見合わせるが、先生はうつむいたまま前の患者さんのカルテを書くのに必死だった。


そしてやっと主人の診断。

レントゲン写真をマジマジと見て、先生は主人に痛いところを聞いた。

結局のところは打ち身で腫れ上がっているだけ、、、ということだった。

とりあえず痛み止めの注射を打ってもらって、お薬を3種類もらい、足の甲のサポーターを着けて、診察は終わった。


あ~、良かった!!
なんともなくって。



良かったら応援クリックお願いします。


banner_02.gif


スポンサーサイト

今日の作品

たすけてぇ~!

comment iconコメント ( -4 )

よかったですね~♪なんともなくって!

“安心できた”ことって、大きな前進ですよね~
これで、み~。さんの家事負担も
気分的にだいぶ軽くなったんじゃ?

とはいっても、お店をやりながら家事全般こなすなんて
大変だろうから。。。
がんばりすぎないようにね☆

名前: mai [Edit] 2007-01-07 06:29

mai さん、こんにちは♪

本当に何事もなくてよかったです~!

昨日病院に行って、何もないと分かったせいか、今日は
「もう普通に歩けるよ!」
と言って、サポーターを外して歩きだしました。

ただ、私の首はまだ治らず、ロボット人間のままです。。。
今度は私が病院行きかな?

名前: み~。 [Edit] 2007-01-07 11:49

良かったですね~~
わたしも安心しました。
2年ほど前に私も石ころ踏んできゃ~~。
ギブスされたんですよ~。
象みたいに足首腫れて痛かった~。
(切ったり縫ったり転んだりといそがしいでしょ)

だから心配してたの・・母さんみたいにね^^
お大事にと。。ご主人に。
み~。さんも絶対無理しちゃいけませんよ・・母(うそ・^^)

名前: mogyo [Edit] 2007-01-07 18:54

mogyo さん、こんばんは♪

心配してくださってありがとうございます。
ほんとに新年早々踏んだりけったりの夫婦です。

何かここ3、4日は私が主婦だったので、
「あ~、こんなときmogyo さんだったら、手際よくパッパとおいしいもの作っちゃうんだろうな~。 作ってほしいな~。」
と他力本願でとてもわがままなことを考えてました。(笑)

主人はもう大丈夫な様です。
残るは私の首、、、(←しつこい、でも痛いんですぅ)

名前: み~。 [Edit] 2007-01-07 20:41

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。