タンザニア


今日、クリスマスを前にダイアンから荷物が届いた。

その大きな箱は大切そうに何重にも包装されていて、開けても開けても箱なのでは、、、と思えるほどのものだった。
今年こそは早めにと思って、1週間ほど前にダイアンにはカードやジュエリーを送ったものの、その大きさ、その丁寧な梱包に、
「どうしよう、、、」
と開ける前から少し怖く、そして申し訳なくなった。


そして最後の包装はゴールドの薄い上品な紙で仕上げられていて、その上にはカードが添えてあった。

それが上の彼女の愛猫「タンザニア」が夜、ハンティングで木に登っている写真だ。

裏にはびっしりとメッセージが書かれていた。



そして恐る恐る大きな箱を開けた。


中には真っ黒な生地があり、最初は何か分からなかった。

柔らかいその生地を裏返し、私と主人は悲鳴を上げた。



何と、何と、そこにいたのは愛しのきゅうちゃんだった。


きゅうちゃんのクッション




鳥肌が立った。

このきゅうちゃんの写真は、あのお気に入りの切り株の上で、草の上にある朝露を飲んでいる、とてもかわいい写真だ。

タンザニアを紹介してくれたダイアンに、私のかわいいきゅうちゃん、にーちゃんを紹介すべく、去年のクリスマスカードと一緒に急遽PCからプリントアウトした写真を一緒に入れた。

それを生地にプリントし、クッションに仕上げてくれたのだ。



その形、その縫い目、ファスナーのつけ方からして、どう見てもプロの仕事ではなく、ダイアンが作ったのだということが一目で分かった。

1999年に出会ったダイアンは既に60代だったと思う。
あれから、約7年経った今、彼女は70代に入ったはずだ。

きっと慣れない作業ながらも一生懸命心を込めて作ってくれたに違いない。

わずか2日間、しかも夜、少し話をしただけのお付き合いが、これほどまでに私たち夫婦を感動させることになるとは思ってもみなかった。


ダイアンは今年のクリスマスを94歳になるおばさんと過ごすために、1週間ほどオハイオで過ごすという。

そんなダイアンにはまだ私からのカードは届いていないようだった。

今年こそはと思ったのに、またしても失敗してしまった。

ダイアンにとって来年は穏やかな1年になることを祈るばかりだ。

心のこもったダイアンからのプレゼントは、私たちの寝室でこれからゆっくりと一緒に時を過ごしていく。



良かったら応援クリックお願いします。


banner_02.gif

スポンサーサイト

にーちゃんの毛づくろい

すり鉢のお菓子

comment iconコメント ( -3 )

み~さん夫妻の感動が私にも伝わってきました。
ダイアンさんって素敵です。
本当に心がこもったプレゼント・・何よりですね。
決して高価なものが心を打つとは思いません。
相手のことを思ってこうしたものを送ることが
真の贈り物ですね。
み~さんのも早く届くと良いですね。
ダイアンさんは喜ばれるに違いないと思うから。

名前: mogyo [Edit] 2006-12-20 22:18

最高ですね♪

ダイアンさん。。きっと素敵な方なんだろうな~^^

オハイオから帰って、み~さんからの贈り物に気付いたら
きっと同じように感動してくれると思いますよ
カードとジュエリーにも
大切な想いがいっぱいつまってるもんね☆

名前: mai [Edit] 2006-12-21 15:04

mogyo さんへ

高価なものが心を打つとは限らない、、、本当にそうだと思います。
その行動に移るまでに、どれだけ考え、どれだけ努力したかと思うと、とても心がこもっていることが分かって本当に嬉しいです。

そういう気持ち、大切にしたいですよね♪



mai さんへ

ダイアン、本当にキュートな女性なんです。
でもスタイリッシュで、スマートなニューヨーカーの印象です。

そんな女性が(というのは完全に私の偏見ですが、、、)、一生懸命手作りでクッションを作ってくれたかと思うと、更にその重みが増すような気がします。

私の気持ちもダイアンに伝わることを祈るばかりです♪

名前: み~。 [Edit] 2006-12-21 18:29

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。