エレンのスイーツ


昨日の夜、お菓子を焼いたからと、エレンがまたお店まで持ってきてくれた。

前回と同じように、プラスチックの使い捨てのお皿に、白いレースのペーパーをしいて、今度はクッキーではなく、もっと凝った感じの3種類のお菓子が乗っていた。

エレンは、一つ一つのお菓子の名前と、それには何が入ってあるか、説明してくれた。

どれも馴染みのない名前ばかりで、「何とか・トー」とか「ブ・何とか」(覚えていない、、、)私は「ほぉ~。」と聞き入るだけだった。

背丈だけでは既に長身のエレンを追い越しそうな2人の子供、エミリーとグレイスはもう食べたもんね~と横で笑っている。

エレンは
「メリークリスマス! スイーツ、楽しんでね!」
と言って帰っていった。


それから早速食べてみた。

そのいい香りは「私たちはおいしいスイーツよ!!」と自己主張している。

上にチョコレートが乗ったものは、下がキャンディーのようになっていて、柔らかいチョコとキャンディーとで不思議な食感。 
もちろんおいしい。

真ん中にある四角のブロック型のものはピーナッツクリームの味。
ピーナッツなんだけど、まるでマロンケーキのような、スイートポテトのような、その深い味わいと絶妙な甘さは言うことなし!

そして三角に切られたものは、タルトか厚めのクッキーのようなサクッとした食感。
荒く割ってあるカシューナッツと食べた時にちょっと残るオレンジの香りと味が、またまた職人技。


どれもこれも本当においしくて、もしどこかのお店でこの味を見つけたらファンになっちゃうよ~と言うぐらい見事なコンビネーションだった。


おいしいエレンのスイーツにはもちろん感激だが、こうやって、家でお菓子を焼いた時、それをわざわざ私のところまで持ってきてくれる彼女の思いやりがもっともっと嬉しい。

エレン、ありがとう。


エレンのスイーツ食べてみたい!と思ったら、応援クリックお願いします。


banner_02.gif


スポンサーサイト

すり鉢のお菓子

学ばないスタッフ

comment iconコメント ( -2 )

エレンは菓子職人!?
こんなにいろいろ作ってくれるなんて
・・・家の近所にもいないかな~?
添えられてるカードも、さり気なくていいですね♪

やっぱり、手作りのものって
“モノ”以上の価値があるんだよね!
その“想い”を上手に伝えられる人も魅力的だけど
きちんと受け取れる人もまた、素敵だと思うな~☆

名前: mai [Edit] 2006-12-19 15:10

mai さん、こんばんは♪
風邪の方、よくなったみたいで良かったですね!

そうなんですよね。
こうしたいな、とか、喜んでもらえるかな?とか想像することは簡単なんですが、それを行動に移すことによって、とても思いやりを感じたり、価値があったりするんだと思います。

もちろんお菓子の出来も最高♪ 

「本当にこれ全部エレンが作ったの?!」
と思わず私も確認しちゃいました(笑)。


名前: み~。 [Edit] 2006-12-19 19:24

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。