イノシシの鏡餅


今日、実家の母から食料がたっぷり入った荷物が届いた。

バンコクやチェンマイでならともかく、ここチェンライでは日本のものは無に等しい。 
なので、いつもインスタントの味噌汁やスープ、だし類、お菓子類をお願いするのだが、その中に混ざって、小さなイノシシの鏡餅が入っていた。
日本でいたらあまり気にもしない鏡餅。 
プラスチックで出来た小さな吸盤の付いたイノシシのマスコットが何だか懐かしく、かわいい。

「迎春」なんて、当たり前の言葉さえもが新鮮な気がする。
ずいぶんと長く日本に帰っていない。

早速、部屋の棚において、主人と一緒に「ワイ(タイの挨拶や、ありがとう、ごめんなさいの時にする動作で、手を顔の前で合わせて拝む)」をし、母にお礼を言った。


そんな母に年末に荷物を送るが、何か欲しいものはないか、希望を聞くと、「ベスト」が欲しいと言う。
 
服は好みがあるし、買ってくれても着ないからいらない、、、と言う前置きがありながら、なぜかベストが欲しいらしい。
かなり矛盾している、、、と思いながらも、早速主人とナイトバザールで探すことにした。

知りに知り尽くした、ナイトバザール。
どこのお店にどんなものが置いてあるのかは分かっていたので、とりあえず母に合いそうなものがあるお店へ足を運んだ。

2軒目のお店でそれらしき、タイ風コットンを使ったかわいいベストがあった。
無難なものを選ぶか、ちょっと奇抜なものを選ぶか迷ったが、ここはあえてかわいいものを選んでみた。

これがそのベスト。 赤色と茶色、そしてアジアチックなバティック柄の花。
ベスト


母にはちょっと派手かと思ったが、私も主人も意見が一致し、あえてこのかわいいタイプを選んだ。


そのお店にはかわいい織物を使った小物も豊富だったので、ペンケースも買った。
ペンケース


これまたピンクにタイっぽい織物生地で、かわいい。

自分のモノを買うときは、赤系やピンク系のものは似合わない気がするのであまり買わないが、人にあげるときはかわいいものに目がいく。

もらった人も黒とかよりは、明るい色の方が嬉しいんじゃないかな~と勝手に想像する。


母親のあともう一つの希望は「ドライ・マンゴー」。 
タイはフルーツ王国なだけに、ドライフルーツもとてもたくさんあり、種類も豊富。 
ドライマンゴーにしても、塩味のもの、甘い味付けのものとある。

私は特にドライフルーツは好きではないので、普段は食べないがいろいろなフルーツがあるので見ているだけでも楽しい。

どんな種類のものがあるのか、今から楽しみだ。



良かったら、応援クリックお願いします。


banner_02.gif




スポンサーサイト

ココナッツ

アカ族からの招待状

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。