ペン立て

私たち夫婦は木が好きだが、主人は特に年月を経た木が大・大・大好きである。

そんなこんなで集めに集めた木が家中を埋め尽くしている。
木に投資した金額を考えるとクラッとしちゃうぐらいだ。

家にあるもので大きいものなら、直径3mもある樹齢何百年の木の根っこほどにもなる。

たくさんある木の中から小さく形のいいものを選び、少し手を加え商品化し、私たちのお店で売ったりもする。

今日も主人のアーティスト魂(?!)に火がつき、どんどんと製作していたので私もアクセサリー作りを中断しそれに参加した。

上の写真は竹の根っこをそのまま利用したペン立て。
竹の根っこは木の重みは全く感じられないが、そのユニークな形には思わず想像力が膨らむ。
これが普通の家の電話の横や机の上にあったりするとかわいいと思う。


そして下の写真も竹の根っこシリーズ。
恐竜のプランター

子供の恐竜のようでかわいい。 この背中に開いた穴に何か植物を入れてプランターとして楽しめそうだ。


そして特に役にはたちそうにもないがおもしろいので。
えびの内緒話

タイトルは「えびの内緒話」。
えびがひそひそと内緒話をしているように見えると思うのは私だけか?


そして巨匠、主人の今日の作品は以下のとおり。

何やねん、これ?1

タイトル:「メコン川の魂」


何やねん、これ?2

タイトル:「我慢1」


何やねん、これ?3

タイトル:「ゴールド・ハート」


あまりにも芸術的過ぎて、凡人の私には理解不可能なものが多い。
しかもそのタイトルも意味不明で恥ずかしい。

ただ、本人はとても真剣だし、写真に撮ってくれと嬉しそうに言うのでとりあえず撮ってみた。

こんな奇抜なデザインでも、買っていく観光客がいるから、アーティスト魂は更にエスカレートしていくようだ。



これ本当に売ってるの?見てみたい!と思ったら、応援クリックお願いします。




スポンサーサイト

漢字ペンダントトップ

お昼ごはんは蜂の巣

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。