11月の最初の満月の日には、タイで毎年恒例の「ロイクラトン(灯篭流し)」が開催される。

水に感謝し、日頃の罪を流し、そして健康や長寿を祈るためのお祭りだ。

例年なら3日間開催されるのだが、チェンライでは今年は近隣3カ国(ミャンマー、ラオス、中国)とのフレンドシップフェスティバルが明日2日~6日まで催される予定なので、それに合わせて今年はロイクラトンも長く祝うようだ。
「ロイ」とは「流す、浮かべる」等の意味で、「クラトン」は灯篭のことを指す。

このロイクラトンに欠かせないのが、もちろん灯篭。
バナナの葉っぱできれいに土台を作り、その上に蘭やその他の花を飾りつける。

川のあるところ、クラトンありで、大抵の場所で10B~20B程度で簡単に買うことが出来るのだが、チェンライの人はみんな自分で作ったり、誰かに作ってあげたり、、、というのが多い。

一昨年は、一番弟子の昼間のスタッフが私のために作ってくれた。

去年はナイトバザールにお店を持つ、友達のジェーンが作ってくれた。
(ジェーンといっても、コテコテのタイ人である)

ジェーンは私たちのアクセサリーが大好きで、良く買いにきてくれる元気いっぱいの女の子。

そのジェーンの私に対する気持ちが嬉しかった主人は「来年は僕がジェーンのために作るから!!」と何度も何度もしつこく彼女に言った。

来年のことを今から言うなんて、鬼が笑っちゃうぞ!と思ったし、主人は言ったことをすぐに忘れるので(笑)、そんな無責任なこと何回も言わなくても、、、とあの時感じたのを覚えている。

そして私は先日、主人に、
「去年、ジェーンにクラトン作るって約束したよ。」と切り出した。

主人は案の定
「あれ、そうだったっけ? そうだったかもな、、、本当に作らないとダメなのかな、、、。」とちょっと自信なさそうに言った。

やっぱり、、、。

ここは日本人の面子にかけても約束は守りたいと私は言った。



その夜、お店を閉めて帰る途中、ジェーンが私たちに目をキラキラさせながら
「今年もクラトンいる?!」と元気いっぱい聞いてきた。

あぁ、何とかわいい人なんでしょう。 無邪気にもほどがある。

そんなジェーンに見とれている私の横で、ニコニコしながら主人は首を縦に振っているではないか!!
しかも口パクで「いる、いる」とも言っている!

な、なんとっ!!

その夜、帰りの車の中で私の意見に賛成してくれ、今年は私たちがジェーンのために作ろう!と言うことになった。

そして、昨日、それをジェーンに伝えた。
「今年は私たちがジェーンと彼氏のために作るからね~! 11月5日に持ってくるから! でも今まで作ったことないからどうなるか分からないけど、心込めて作るから!」と伝えた。

ジェーンは信じられないというような顔をしながらも、とても嬉しそうに「本当にいいの? 作ってくれるの?」と何度も聞いた。

「じゃあ、今年はピー(お兄さん、お姉さんの意味)が作ってね! 来年はジェーンが作るから! 順番ね!」と言った。

素直な心は顔に出る、丸くてかわいいジェーンはいつも元気いっぱいで、私にも元気をくれる。

今年も一年ありがとう、来年はもっと幸せになれるといいね。


良かったら応援クリックお願いします。


スポンサーサイト

そしてロイクラトン!

アヂュがくれたソムオー

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。