私たちのお店は、お昼と夜に分かれてスタッフのシフトを組んでいる。

お昼のスタッフは朝8時~夕方5時まで、夜のスタッフは夕方5時~夜11時までという風に。
そして昨日、ナイトバザール店も今夜はそろそろ店じまい、、、という時、何と鍵穴にお店の鍵2個が刺さったままになっていることに気づいた。

もちろん朝のスタッフにお店を開けるために、鍵を渡しているのだが、なんとも恐ろしいミスだ。

実はこのスタッフ、以前にもバイクの鍵を無くし、深夜1時まで家の人が迎えに来るのを一緒に待ったことや、お店の鍵を家に忘れた、と言って私たちを呼び出したこと (なぜ、バイクで15分の距離にある家に取りに帰らなかったのか、今更ながらにその傲慢さにびっくりするが) ということがあった。

なので、この鍵が刺さっているのを見た時、彼女のあまりの無責任さに瞬間湯沸かし器のようにカッとなったが、またかぁ~、、、という気持ちの方が大きかった。

私は主人に
「今頃彼女、気づいて大慌てで探しまくってるかもね。」
と言った。

でも、やはり主人はタイ人、その辺のことはよ~く分かっているようだった。
「それに気づいて慌てるぐらいだったら、こんな風に忘れたりしないって。 明日の朝、お店に着いてから、鍵がないことに気づくんじゃないの?」
と言った。

そして、今日は鍵がないからいつもより早めに出ないと、、、と準備をしていたとき、電話が鳴った。

「鍵がないんです、どこで無くしたか分からないんです。」
彼女はあっさりと言ってのけた。

そんな彼女が一番信用できるスタッフである、mz collection って一体、、、。


良かったら応援クリックお願いします。







スポンサーサイト

消えていく日本人

スワンナプーム空港

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。