衝撃的なクーデターがバンコクで発生した。
チェンライに住む私たちには、何だか遠い他の国での出来事のようだが、それは近い将来、明らかに私たちの生活に影響することになるだろう。

そもそもクーデターとはフランス語で「国家への不意打ち」という意味があるらしい。
なぜ、今、この時期に、しかも軍隊がそんなことをするのか良く分からない。

政治に人並み以上に関心があり、詳しい主人はいろいろと説明してくれるが、結局のところ、まるでお昼のテレビドラマのように泥沼状態で、プミポン国王もタクシン首相もタイ国民も、誰にも権力がなく、誰にも責任がなく、誰にも解決できない問題のような気がする。

私は主人の影響から、タクシン首相支持派である。
もちろん彼だからマイナスの面もあるかもしれないが、口先だけの政治家や、権力だけを見せびらかしたり、コラプションだらけの他の政治家よりよっぽどマシだと思う。 

タクシン首相は辛口で結果を重視するタイプだが、有言実行、実力行使、そして何よりも国を導くリーダーとしてのカリスマ性があると私は思う。

私は以前、主人に
「タクシン首相のような人が国の代表としてリーダーシップを取ってくれると、タイ国民も誇らしいよね。」
と言ったことがあるが、まさにそう思う。

そして主人も
「日本人でさえ、それが分かるのに、タイ人は何でそこが分からないんだろう? タクシン首相がお金持ちになったのは、実力や先見の明があるからであって、それをうらやむのはお門違いだ。」と言った。

今、主人は真剣にタクシン首相の身を案じている。
どこかの国へ亡命して家族と幸せに暮らしていくのが一番いいと思うのだが、主人としてはここでタクシン首相が指揮をとらなければ、タイの経済がまた後ずさりするだけだと嘆く。

もう既にこのクーデターで、タイ経済に1,2年は確実に悪影響を与えるだろう。 そしてこれは一般市民である私たちに直撃するだろう。

いずれにしても早く再選挙を行って、きちんと政府を成立させ、タイの経済を急速に修正して欲しいと願うばかりだ。


遠くから心配してメールをくださった皆さん、本当にありがとう。
この場をかりて感謝します。


早く落ち着くといいのにね、、、と思ったら、応援クリックお願いします。








スポンサーサイト

くもの巣ネックレス

大相撲秋場所

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。