クン・モーの詩集1


昨夜、ナイトバザールのお店で、とても懐かしい人に出会った。

私がチェンライに住みだして、しばらくしてから知り合いになったお医者さんのゲイさんとそのお母さんだ。


この二人には本当によくお世話になった。

当時まだタイ語がほとんど分からない私に対して、英語で話したり、ジェスチャーを加えながら丁寧に説明してくれたり。



そして、何よりも、主人の次に心から信頼できると思ったタイ人だった。


当時、私たちがまだ小さな喫茶店&ラーメン屋さんをしていた頃、ゲイさんとお母さんは毎日私たちに会いに来てくれた。





そんなゲイさんは私より一つ年下で、いつもご両親のことを大切にしていて、出会うときは大抵お母さんと一緒だった。




一人っ子のゲイさんは、お医者さんになる道をご両親から用意され、そして仕方なくお医者さんになった。


お医者さんになろうと思っても、そう簡単になれるわけではないのだろうが、ゲイさんはタイで最も難関とされるチュラロンコーン大学の医学部にストレートで合格し、そしてお医者さんになった。


だけど彼女は、本当は日本語が大好きで、絵を描くことが大好きで、植物を育てることが大好きで、、、





彼女は

「お父さんやお母さんが望むなら、、、」

と言いながらも、やっぱり自分がお医者さんである現実に背を向けているように、当時私には見えた。


そんな彼女を、言葉は少し違うかもしれないが、かわいそうだと思ったことを覚えている。




そして、彼女はチェンライでの4年間のお医者さんとしての期間を終え、バンコクに戻った。



その時、彼女から手作りの詩集をもらった。

英語とタイ語の両方で書かれた詩は、恐らくゲイさんが好きな文章をどこかから引用してきたものだろう。

一つ一つの押し花は丁寧に配置され、心を込めて作った、と言うのが一目で分かった。

詩集2


詩集3


詩集4



それ以来、何度か手紙や電話のやり取りをし、しばらくして自然と音信不通となった。






そして、昨夜、たまたま私たちのお店の前を通ったのだ。

「みちゃん!!」

タイ人独特の発音、そして二人の容姿は全く変わりなく、すぐにゲイさんとお母さんだということが分かった。



久しぶりの再会。



優しい雰囲気と朗らかな感じ、元気いっぱいに早口にしゃべる様子、そしてやっぱりお母さんと一緒のゲイさんだった。



彼女はバンコクでのお医者さん期間を終え、今度またチェンライに戻ろうか、それともバンコクに住もうか、またはチェンマイへ行こうか、、、と考えている最中だと言った。



そしてやっぱり今自分がお医者さんである現実に、悩んでいるとも言った。
何事に対しても、絶対に適当に済ませてしまわない性格のゲイさんだからこそ、やっぱりこのままでいいのか、、、と考えてしまうのだろう。



バンコクにいる間、お医者さんをしながら花屋さんも始めたと言った。

期間限定のつもりだったが、やってみるとやっぱり自分の好きなこと、やりたいことはお医者さんではない、、、と言う現実にも気づかざるを得なかったようだ。




そして、ラオスに隣接しているチェンコーンと言う町に、家を買っていて、今後はそこに住むかもしれないと言った。



いつも元気で、いつも優しい彼女とお母さんだが、やっぱり寂しそうな様子は消えていなかった。



お母さんは私たちに言った。

「顔はいつも笑ってるけどね、心の中では泣いてるのよ。」

恐らくこの言葉には、私たちが知っていること、知らないこと、たくさんの意味が込められているに違いない。




来週、ゲイさんのチェンコーンの家に遊びに行く。

私はこの再会を機に、また仲良くできるといいなと思った。






~ゲイさんがくれた詩より~


Once we dreamt that
we were strangers.

We wake up to find that
we were dear to each other.





↓みんなハッピーになれるといいね♪応援クリックお願いします↓


banner_02.gif


スポンサーサイト

ジェーンからの招待状

早かったね~、、、

comment iconコメント ( -14 )

いつもお母さんと一緒のゲイさん。
親思いの方なんですね。
親が望むなら・・・そんな気持ちが分らなくはないけど、
親になって思ったのは、余程の事じゃない限り、子供の望む
事をして欲しい、と思うのも親心だと。
ゲイさんも自分の夢に向かって歩いて欲しいな。ポチポチ☆

名前: ree [Edit] 2007-11-12 22:40

ども。
僕は好きなことをやったほうがいいと思うけどねe-2
何なら、期間限定で5年くらい好きなことがしたいってお母さんにお願いしてみればいいのにe-3

僕は今まで親に反対されてもやりたいことを続けてきたの。
だから今ここまで来れたのかなe-3って思う。

でも、人それぞれ人生があるから悔いがないようにe-2

久しぶりの再会を楽しんで来てねe-2

名前: もるパパ [Edit] 2007-11-12 23:23

いい人たちにみ~。さん達が出会えたことが
まずなんだか嬉しいのと、そうですね~
私もしばし、好きなことやってみるのもイイかも
しれないんじゃないかな~なんて思いました。

確かにお医者さんになったりなんて道も
なりたくてもなれない人もいる職業ですものね。
でもやっぱり自分がしたいことやりたいことを
やっていくことこそ「生きている!」って実感できる
気がします♪

自分のやりたいことで生計を立てていくのも
これまた大変ですけど、「好き」こそがキーワードですよね!
手作りのしおりとかスッゴクかわいい!
ものすごく丁寧に作ってあって私好きですこういうの♪
GOOD LUCK!

名前: meg [Edit] 2007-11-13 05:48

素敵な詩集ですね。
レイアウトとか、とてもセンスある方なのね・・・と感じました。
ゲイさんも素敵な方ですね。不本意でもやるべき事は
キチンと成し遂げる・・・
なかなか出来ることではないですね。
自分の生きる道はどうしたいのか・・・
難しい問題ですね。
お母さんだけでなくお父さんの影響もかなり大きいでしょうし・・・
こいいう考え方は、変なことなんでしょうけど
女性の場合、今後結婚することがあれば、相手の方の考えというか仕事の都合でどこかに転居して一時主婦になるかも知れないし、ご主人の「仕事」を手伝うことになるかもしれないし、このまま医師としてやっていくかもしれない・・・
そう考えると、両親の考えた進路というのは、状況によっては絶対的なものではないですよね。
皆が皆、自分の本当にやりたい事をやって生きていこうとするわけではないでしょうが、彼女は今後どうするのか
気になります。

名前: ミル [Edit] 2007-11-13 21:20

手作り詩集って素敵!!

人はそれぞれ。親の希望をかなえたいと思うゲイさんの気持ちもとてもわかります。(でもそれでお医者さんになれるというのはスゴイ!)
本当に好きなことだけしては生きていけないとは思いますが、出来れば自分の本当にやりたいことを仕事として生活していけるのであれば素敵ですよね。もちろん仕事となると楽しいばかりじゃないのでしょうけれど。

頑張ってほしいですね♪

名前: ぽんころりん [Edit] 2007-11-14 14:05

素敵なお友達ですねe-454
いろんな葛藤がある中で、今こうして
人生を送っておられる・・・
ゲイさんが納得できる人生、後悔のない人生を
送ってもらいたいなぁ・・・と思います。

素敵な詩集ですね。押し花e-397もとても綺麗e-420です。
これらを見ていると、ゲイさんの心が伝わってきます。

久しぶりの再会、思いっきり楽しんできてくださいねe-348

名前: TMK1611 [Edit] 2007-11-15 09:54

胸が熱くなりました。

ゲイさん
お母さん
外国でのみ~。さんの
それぞれの接点。
寄って下ったことで重なり合って
また復活されていく事を望みます。

親が望んだ程度ではお医者様になれません。
ご本人の努力 親に対する愛も
並大抵じゃないゲイさんに拍手です。

押し花の詩集は宝物ですね。
それは一生懸命に生きてるみ~。さんだから
くださったんだと思います。
手作りの綺麗なものを作りだす方だから
下さったんだと思いました。

来週お訪ねするのが楽しみですね。


名前: mogyo [Edit] 2007-11-16 07:07

★reeさんへ★

ゲイさんは親思いと言うのは本当に伝わってくるのですが、友達や周りの人も思いやれる、とても優しい女性です。
だからこそ、信頼も出来るし、友達として長くお付き合いしたいと思えるのかもしれませんね。

ゲイさんのやりたいこと、ご両親の望む道、両方が丁度いい具合に調和すればいいのですが、、、難しいようです。

名前: み~。 [Edit] 2007-11-16 08:42

★もるパパさんへ★

私も親の気持ちを裏切って好き勝手しているので(苦笑)、嫌なら辞めて本当に自分のしたいことをすればいいのに、、、と思ってしまいます。

ただ、本人やご家族を目の前にすると、ゲイさんの気持ちやご両親の気持ちが見えてきて、私なんかよりももっともっと考えることが多く、そしてそれは最終的な決断なのでは、、、と思えてしまいます。

何だか、どこか寂しそうな二人(お母さんとゲイさん)なので、もっともっとハッピーが訪れるといいなぁと思います。

名前: み~。 [Edit] 2007-11-16 08:46

★megさんへ★

異国の地で、違った言葉、文化を持つ人と、仲良くなったり、本当に信頼できる関係になったりと言うのはとても難しいですよね。
megさんもdanさん以外で、心の中身を打ちあけらる人って少ないんじゃないですか?!

自分の好きなことが仕事として成り立っていくのはやりがいがあって、本当に素敵ですよね。
お金のために仕事をしながら開いた時間で自分の趣味も、、、って言うのも効率的でいいと思うのですが、お医者さんの場合、特別な仕事ですので精神的にも肉体的にもサイドビジネスをする余裕がないようです。

何かいい方法でゲイさんもご両親もハッピーになれる道があるといいなぁと願うばかりです。

名前: み~。 [Edit] 2007-11-16 08:54

★ミルさんへ★

「不本意でもきちんと成し遂げる」本当にそんな感じです。
以前遊びに行った際、丁度ゲイさんはお仕事中だったのですが、その姿はお医者様そのもので、さすがだなぁ!と思ったのを覚えています。

そうなんですよ~!
私もきっと彼女は結婚すれば変わってくる!と思っているのですが、高学歴、高収入、そしてちょっと年齢的にも高がついてきていて(ごめんね、ゲイさん)、しかも、もれなくご両親がついてくると言う条件なので、なかなか合う人がいないんですよね。

今彼女は日本語検定を2段階クリアしたようで、次は3段階目だ!と意気込んでいます。

私も今後彼女がどうしていくのか、ひっそりとですが見守っていきたいなぁと思います。

名前: み~。 [Edit] 2007-11-16 08:59

★ぽんころりんさんへ★

本当に人それぞれですよね。
ゲイさんは一人っ子で、思いやりのある女性なので、ご両親の夢をかなえる、それが最大の親孝行になっているんだと思うんです。

そうすることが家族や家計にとって最もいいのは分かっているんだけど、自分は絵を描いたり、植物を育てたり、、、と違ったことをしたい、、と言う気持ちも隠せないようでした。

何かいい方法でゲイさんもご両親もハッピーになれるといいのになぁと願うばかりです。

名前: み~。 [Edit] 2007-11-16 09:02

★TMK1611さんへ★

確かにいろんな葛藤が今までにあったからこそ、今の優しいゲイさんがあるのかもしれませんね。

詩集は本当に丁寧に作られていて、野草や花を摘んできて、それを本にはさみ、時間をかけて乾燥させ、そして好きなところへ配置する、、、本当に根気の要る作業だと思います。

しかもこの押し花は、詩集から取り外してしおりにもできると言う優れものです♪

また再会できて本当に嬉しいですし、これからも仲良く出来ればいいなぁと思います♪

名前: み~。 [Edit] 2007-11-16 09:06

★mogyoさんへ★

人それぞれ、どこかで出会うべくして出会ったんだなぁとこういう時思います。

お医者様とは、親が望んだ程度でなれる職業ではない、、、本当にそう思います。
それまでの苦労や努力、そして葛藤は並大抵のものではなかったと思いますし、それを成し遂げているゲイさんは本当に尊敬します。

押し花、本当に丁寧に作られていて、ゲイさんが心を込めて作ったんだなぁと言うのが伝わってきました。
なんと2001年と記してあったので、もう6年も前のことだったようです。

それでも何も変わらないゲイさんとお母さんに感謝です。

名前: み~。 [Edit] 2007-11-16 09:10

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。