昨日の夜、ナイトバザールに一組のオランダ人カップルがやってきた。

店内にある流木で作った、主人作の強烈なデザインのランプを指差しながら話をしていた。


店内には売り物でない流木の飾りやランプがたくさんあるために、こういう光景は一晩で何回もあることだ。

そして、必ず値段を聞いてくる。


オランダ人カップルも、スタッフのエンに値段を聞いた。


エンはちょっと困った顔で私のほうを見たので、

いつものように首を横に振りながら、口で「売り物じゃないよ」とパクパクしてみた。



エンもそのようにカップルに伝えた。


いつもならこれで、

「なぁ~んだ! 気に入ったから、ほしかったのに~!」
とか
「すごくユニークで素敵ですね!」

とかで終わる。


だけど、この二人は違った。


何だかまだまだエンに迫っている。



男性の方がついに

「EXCUSE ME!」

と大きな声で私に向かって叫んだ。



「これ、とっても気に入ったんだけど、いくらですか?」

売らないと言ったのに、まだまだあきらめない。


「それは売るために作ったんじゃないから、いろんなところを適当に仕上げてしまったんです。 だからお店に飾ってるだけなんで、売り物じゃないんですよ。 それに私もこの奇抜なデザインが気に入ってるので、お店においておきたいんです。」

と、もう何百回答えたか分からない同じ答えをその男性に返した。



男性はまだまだ引き下がらない。

「流木なんていっぱいあるんでしょ。 また新しいの作ればいいじゃないですか。 いくらだったら売ってくれるの?」

「買うって言ってるんだから、売ればいいじゃない。」

「とってもこのランプ、気に入ったのよ。」

女性の方も、一生懸命訴えてくる。



私は面倒になったので、これならあきらめるだろうという言葉を出した。

「これかなり大きいですし、持って帰るの大変ですよ。 それに電圧も違うかもしれないし。」



それでもまだまだ引かないカップルは

「そんなことは私たちが自分で出来るから、これを売ってよ!」



、、、ウムム。



そんなこと言われたって、「じゃぁ、これは3千バーツでお願いします。」なんて、言ってみたいけど言えたもんじゃない。


なので私は、いくつかの小さめの売り物として置いている流木を指差して

「これが当店では500バーツ、こっちが800バーツなんです。」

とそれがどういう意味かを察してもらうために丁寧に答えた。



しばし沈黙。

「じゃあ、2、3千バーツってとこか、、、。」

ポツリと男性が言った。



まだまだ腕を組んで考えるカップルと、それを見つめる私。


そろそろあきらめてくれるかな、、、と思った時、2階に居た主人が来なくてもいいのに登場。



今までの経緯を話すと、即座に主人は

「NO~! 売らないよ! 売るために作ったんじゃないしね。」

といつもの答え。

そうそう、その調子。
それでこそ、我がダーリン。


少し胸をなでおろしたのもつかの間、オランダ人カップルはいかにそのランプが欲しいか、熱弁を続けた。



じっと聞いていた主人が、もう、辛抱ならん!とばかりに話をさえぎって

「ジュエリー買ってくれたら、タダであげるよ!」

と言い放った。


「そんなに好きなら、タダであげるよ。 でもジュエリーを買ってね♪」

お茶目な笑顔の主人に、引きつった笑顔の私。


だって、店内のジュエリーは安いものなら20バーツからあるんだよ~!
何を血迷ったこと言ってるのさ~!


、、、だけど、ちょっと待ってよ。

普通常識のある人なら、今までの話の経緯からして、そんなもの選ぶはずがない、いや、選べるはずがないさ!

ちょっと思い直した私も、再び笑顔に。





「本当にいいの~?!?!」

ウキウキのオランダ人カップルはジュエリーを見だした。



その様子はもう正直どれでもいいという感じで、あっという間に選んできた。


差し出された1本のブレスレット。

200バーツなり~。



言いだしっぺの主人にも大抵びっくりしてしまうが、それを真に受けて安いものを選んできたこのオランダ人カップルにもあっぱれだ。



持ち帰りやすいように、ランプを大きな箱に入れた。

思いっきりの笑顔で

「あなたたち夫婦はなんていい人なんでしょう!」

とビッグハグをいただいた。



二人が帰った後、お店には冷たい空気がぴゅ~っと吹いた。





↓そのうちいいこともあるさ!と思ったら、応援クリックお願いします。↓

banner_02.gif


スポンサーサイト

今度はフランス人!?

カスタードアップル

comment iconコメント ( -10 )

(-L-;)ご・・・ご主人、よかったのでしょうか・・・。
なんだか旦那様ってば、私が知ってるタイ人のノリ、やはりもってらっしゃるのですね・・・なんて改めて強烈に感じちゃった今回の記事でしたよぅ!

熱弁するほどそこまで気に入ってくれたってのも嬉しいような、でも売り物じゃないよ~と言ってるのに、これでもかと食いついて来られるのもなんだか複雑な気分ですね~。

「また作ればイイじゃないか」とか「買うって言ってるんだから売ればいいのに」な~んて言われたら私だったらムカ!ってきそうです^^; 実際に言えはしないだろうけど(お客様だし)「売り物のほうの小さな流木をご購入いただいて自分達で似た様に作ればいいじゃん!」とか私思っちゃいそう!

200バーツかぁ~・・・ ジュエリーのほうも大事にしてほしいな~そのオランダ人カップル・・・。 

名前: meg [Edit] 2007-10-27 03:19

・・・

・・・もう、ダンナさまったら言葉が出ないほど予想外の展開でしたv-393

しかしそんなに気に入られたランプ!すごいですね♪

本当にジュエリーの方も大事にしてほしいですv-388


名前: ぽんころりん [Edit] 2007-10-27 08:01

ヾ(lll;´□)(□`;lll)ノ ガーン!!!
旦那様・・・まさかその一言がでるとは、
予想できませんでした・・・e-263

決して売りたくは無かった物ですが、
余りにもしつこい熱弁の観光客・・・e-80e-50
お客さんではありますが、少し強引すぎますねe-330

どなたかもコメントe-86で書かれておられましたが、
他の流木を使って、自分で作ればいいのではe-3
思ってしまいました・・・。それに、
アクセサリーの方を大事にしてもらいたいですe-257

名前: TMK1611 [Edit] 2007-10-27 09:01

いやあ、お二人はやっぱりいい意味で、”作家”なのかもしれませんね♪
値段付けれないものは売らない。
大事な事だと思います。
やっぱり目の前が”お金、お金”ってなる人は、
人を惹きつける作品は作れない気がします。
でもやっぱり、ちょっと儲けとけばよかった!?ですかね。笑

名前: yotuci5 [Edit] 2007-10-27 21:14

★megさんへ★

そうなんですよ~! 主人は何に関しても「行きすぎ、やりすぎ」大好きなんです。。。

確かに気に入ってもらえたことは嬉しいのですが、やっぱり強引なのは良くないですよね。

もちろん私もムカッとすること多々あります(苦笑)。
そういう時、日本人の場合は笑顔で対応できるのでしょうが、タイ生活が長くなった私は、喧嘩腰でしゃべることもあります(苦笑)。 それはよっぽど無礼なお客様ですけどね。

下は20バーツから上は10,000まであるんだから、もう少し私たちの気持ちも考えて欲しかったなぁ、、、というのが正直なところです(笑)。

名前: み~。 [Edit] 2007-10-28 20:04

★ぽんころりんさんへ★

予想外の展開でしたか。。。実は私たちのお店では良くあることで、しかも何も買っていないお客様にでもモノをあげたりすることもしばしばです。。。(汗)

ジュエリーも大切に使ってくれるといいんですけど、、。

名前: み~。 [Edit] 2007-10-28 20:07

★TMK1611さんへ★

本当に私にしてみたらガーン!!って感じでした。
あのいびつな形と奇抜なデザインが結構気に入ってたのになぁ。。。

好きだ!気に入った!と熱弁してもらうのはとても嬉しいことなのですが、ダメだってはっきり断ってるのに、それでも欲しいって言うのって、まるで子供みたいですよね。。。

あげたランプはもちろんのこと、ジュエリー大切にしてよ、、、と願うばかりです。

名前: み~。 [Edit] 2007-10-28 20:09

★yotuci5さんへ★

うわぁ~、yotuci5さんのコメント読んで、かなり嬉しくなっちゃいました~♪
そんなつもりはなかったんですけど、でも「いいもの」「売り物」として考えていないものに値段なんてつけられないですよね。

ただ、このランプの場合、私も主人もユニークで奇抜なところが気に入っていたので、2、3年間ずっと「売らない」と断り続けて、最終的にこんな結果になるんだったら「3,000バーツ!」とはっきり値札つけとけばよかったかなぁと、欲張りな私は思いました(苦笑)。

名前: み~。 [Edit] 2007-10-28 20:13

ははははははははははははははe-2
大笑いしたよe-2
まぁ~らしいと言えばらしいよねe-2
でも、僕なら他の商品買うなら特別に2000バーツでいいよe-2って売っちゃうねe-2

でも、楽しそうだよね。タイってe-2

名前: もるパパ [Edit] 2007-10-28 22:54

★もるパパさんへ★

笑って頂けて嬉しいです(苦笑)。

後からだったらこう言えばよかったとか、ああすればよかったとか考え付くんですけど、とっさにやっぱり格好つけて「いいよ」ってなってしまうのが人間ですね。。。って言うか私たち夫婦だけでしょうか?!(苦笑)

名前: み~。 [Edit] 2007-10-31 18:36

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。