初ライチ


今朝、日曜日なのでゆっくりとしていると、家の前にバイクが止まり、女の人の呼ぶ声が聞こえた。

「こんにちは~!」

その声の主はアカ族の友達のアミーだった。


アミーはとても大きな袋を抱えて入ってきた。

「家で採れたライチをおすそ分けに持ってきたよ~! 無農薬で育てたからおいしいはず!」

と早口に説明した。


アミーはこれから仕事に行くから~とあっという間に帰っていった。

その量何と3kg。
小ぶりだが、ほんのりと赤く染まったライチは今朝採れたて!というのが分かるほど新鮮だった。

お味は中の種が大きく実は少なかったのだが、とても甘くてジューシー。

たくさんあるから月曜日にスタッフにも分けてあげようね、ということになり、それから私たちは家の掃除をした。


汗がポトポト流れ落ちるほど暑かったが、でも一度やりかけたからにはキレイにしようと二人で頑張った。




掃除がほぼ終わりかけた頃、今度は外で何やら子供の話し声。

近所の子かな~?と思っていたら、我が家の扉を開け、入ってきた。


家の中からよく見ると、何とアミーの子供、ヤッ君とゴン君だった。

ヤッ君とゴン君



外で女の人が叫んでいる。

何を言っているのかさっぱり分からなかったが、どうも子供二人に対して怒っているようだった。


外に出て、二人をお出迎え。

かわいいヤッ君とゴン君は両手を合わせて
「サワディークラップ!(こんにちは!)」
と私たちに挨拶した。


外で叫んでいたのは、おじいちゃんとおばあちゃんだった。

アミーの家に一度行って二人には会ったことがあるが、顔は忘れていたし、二人も私たちの家に来たことはなかった。


だが、ヤッ君とゴン君はお母さんのアミーに連れられて何度も遊びに来ているので、家の場所を覚えていて、ズンズンと家の中に入ってきたようだ。

おばあちゃんにしてみたら、ここが本当に私たちの家か分からないのに~!と言う気持ちで外から叫んでいたようだった。



何とこのおばあちゃん、おじいちゃん、ヤッ君、ゴン君の4人は家から歩いてきたと言った。

家からと言うか、山から。

約10kmの道のりを炎天下の中、テクテクと。


私も主人もそれにはびっくりした。

早速お茶とジュースでおもてなし。



おじいちゃんはつたないタイ語で、今年は家で育てていたライチを工場が引き取ってくれず、途方にくれていて、街中まで行商に来た、、、と言った。

そのついでに、この住宅地に私たちの家があることを知っていたので、ライチを持って来てくれたらしい。


私と主人は
「さっきアミーも来て、これ、くれたよ」
と3kgのライチを指差した。

おばあちゃんもおじいちゃんもそれは知らなかったようで、でもせっかくだから、、、とまた1kg置いていってくれた。

おばあちゃんはタイ語が話せないので、私はその内容を想像しながら、少しおじいちゃんの通訳も加えながら話しを聞いた。

笑顔がかわいいおじいちゃんとおばあちゃんは、正直者で優しいのが顔見れば分かる。




そして2匹のやんちゃおサルさんは、主人ご自慢の人工池の滝に、大喜び。

ヤッ君とゴン君と人工池



ちょうどバイクのアイスクリーム屋さんが家まで来たので、みんなでアイスを食べて、4人はしばし休憩。


ちょっと休憩




その後、おじいちゃんとおばあちゃんに促されて再度出発。

おばあちゃん出発


おばあちゃんは10kgはあるだろうと思われる大きなカゴを背中に担ぎ、そして頭にベルトをあてがった。

日よけの雨傘をさして準備完了。


ちなみに山岳民族は女性の方がよく働き、力仕事もこなす。

なので、後ろに隠れてしまっているおじいちゃんは白い袋を肩から提げて歩くが、おばあちゃんはそれ以上の大きな荷物だ。


見送るおばあちゃんの背中に、今は亡き自分のおばあちゃんがダブり、この年になってまで、こんな風に仕事しなければならないのかと(このおばあちゃんはきっと、それを負担と思っていないと思うが)またまたおセンチになってしまった。

おばあちゃん、いってらっしゃい。








↓ライチおいしそう~!と思ったら応援クリックお願いします↓

banner_02.gif

スポンサーサイト

パッションフルーツ

つながったバナナの花

comment iconコメント ( -10 )

いろんな人がいて
いろんな生活があるのですね~。
おじいちゃんとおばあちゃんのライチ、
売れるといいな~。
とってもおいしそうでス♪

名前: meg [Edit] 2007-05-27 23:39

どこの国も女性の方が強い(元気?)のでしょうか(^◇^;)
それにしても、10kgの荷物で10kmの道を・・(驚)!!
私なんて片道自転車で10分のスーパーの距離をぐだぐだと言っているのに・・。尊敬します。

ふふ(#^.^#)お子さん達楽しそう。
大人の私でも、み~。さん宅のお庭に行ったら大はしゃぎしそうです(笑)

ライチ美味しそうです!

名前: めかぶ [Edit] 2007-05-28 00:22

母が大好きなんです。日本では冷凍のライチが多いけど
一度海外旅行で生のライチ食べて感激したらしいです。
いまだに、あのときのライチを食べたいな~といってます。
甘いんだろなぁ~。
おじいちゃんとおばあちゃん、ライチ売れたのかな~
でも、買い取ってくれないってどういう事情なんだろう。
一度日本でナタデココが流行った時、その原料栽培と出荷作業のため、海外の自然が荒らされるという報道を見て、日本人の勝手さが恥ずかしかった事あります。
でもこういう感傷にもにた感情を持つこと自体、傲慢なんでしょうが・・・
売れてくれたらいいな~、それだけしか言えないです。

名前: ミル [Edit] 2007-05-28 00:24

★megさんへ★

いろんな人がいて、いろんな生活がある、本当にその通りです。
日本に住んでいた頃には想像し得なかった生活がここにあって、本当に一日を「生き抜いている」と言う感覚があります。

こちらはライチのシーズンに入り、近々毎年恒例の「ライチ・フェスティバル」が行われる予定です。
、、、って言っても、おばあちゃんみたいな人が広場にテーブルを並べて、ライチを量り売りするだけですが、、、(笑)。

名前: み~。 [Edit] 2007-05-28 19:25

★めかぶさんへ★

確かに!
山岳民族の人に限らず、女性のほうが元気があるような気がしますよね!
アカ族の人の場合は、とても極端で、女性が畑仕事や力仕事をしている中、男性はヤンキー座りでタバコとかふかしてます(苦笑)。

おばあちゃんもおじいちゃんも本当に疲れないの?(←そんなわけないけど)、と思うぐらい熱心で、それにもまして、まだこんなに小さい男の子も文句一つ言わず付いて来ているのにもびっくりです。
今、チェンライは日中、風がなくてうだるように暑いんですよ、それなのに。。。

めかぶさんにも我が家の庭、いや、ジャングルに遊びに来て欲しいです♪ 
もっちろん、もぐおさんとだんな様もご一緒に♪

名前: み~。 [Edit] 2007-05-28 19:30

★ミルさんへ★

ライチ好きなお母様なら、絶対にタイのライチは絶品のはずです!
甘くって、プリプリしてて、ジューシーで♪

売れたらいいな~、ほんとにそれしか言えないですよね。

今、政府が経済や産業に力を入れていないので、商売をしている人は瀕死状態で「売れない」→「買い取れない」→「商品が余る」、と言う最悪の自体に陥ってます。

ミルさんの考え、全然傲慢じゃないと思います。
そうやって、気に留めることが第一歩になるんだと私は信じています。

おじいちゃんとおばあちゃんのライチ、かわいい2匹のおサルちゃんを武器に(?)、いっぱい売れてるといいなと思います。

名前: み~。 [Edit] 2007-05-28 19:36

ライチ美味しそうですね~
ライチ大好きなので羨ましいです^^

買い取ってくれないから
売りに来た物を置いていって
くれるなんて、懐深い方達ですね
そして生活の糧をくださるなんて
み~。さんが素晴らしい方だから
なんでしょうね

無事に全て売れて軽いカゴを背負って
おばちゃんがおうちに帰れると
良いですね^^

名前: ミニュ [Edit] 2007-05-28 20:06

へ~!
ライチ・フェスティバルまであるのですね~!
み~。さんのコメント読んでて、
甘くてプリプリジューシーなタイのライチ
食べたくなっちゃいました~♪

名前: meg [Edit] 2007-05-28 23:40

★ミニュさんへ★

ライチ、甘くてジューシーでとても美味しいです。
ただ、かなりの量なので、痛むまでに食べきれるかどうか、、、?
頑張ってジャムでも作ってみようかな?

おじいちゃんとおばあちゃん、息子夫婦が仲良くしてるから、、、と思ってくださったんでしょうね。
以前仕事をお願いしたり、家の修理を手伝ったりしたからかもしれません。

だって私はごくフツーの、いや、どちらかと言えば愛想が悪い人間ですから(苦笑)。

カゴが軽くなって、足取りも軽くなってるといいなと思います。

名前: み~。 [Edit] 2007-05-29 19:41

★megさんへ★

そうなんです、正確には「ライチ&フルーツ・フェアー」でした。
「&フルーツ」と入れるのが適当でいい感じです(苦笑)。
6月1日~3日まで行われるようです。

チェンライでは「パイナップル・フェスティバル」もあるんですよ♪
でもやっぱり、おばあちゃんみたいな人が簡易テーブル出してきて、集まって売ってるだけなんですが。。。(苦笑)

それでもイベントごとが少ないチェンライでは、恒例のちょっとビッグ(?)・イベントかもしれません(苦笑)

名前: み~。 [Edit] 2007-05-29 19:45

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。