やっとのこと、約1週間前に夜のバイトの子が決まり、ようやく落ち着くかな~と思った矢先の今日。

出勤と同時に衝撃的な事実を打ち明けられた。




彼女は21歳で短大卒業したばかりの女の子、飲み込みは遅いがやる気は満々!と言う感じのタイプだった。

実は一度アルバイトの応募に来ていたが、断った子だ。

その時は昼間の仕事もあり、仕事が終わるのが5時。
なので5時出勤の私たちのお店には間に合わないでしょ、、、と断ったのだ。


それから3日後、彼女はまた働きたいと私たちのお店にやってきた。

お昼の仕事を辞めたので雇って欲しい、、、と言った。
今度は断る理由もなく、早速来てもらうことにした。



あれから1週間。

出勤してきた私に彼女は

「お話があるんです。」

と緊張のためか胸に手を当てながら言った。




こういうときは、そう、もう分かっている。

「今日で辞めます。」

もしくは

「お金貸してください。」

の2つだけ。




私も内心、またか、、、と思いながらも話を聞くことにした。



彼女がお店の中では話しにくいと言ったので、2階へ上がって話をすることにした。


彼女は話す前から既に泣いていた。


「ここで仕事がしたいんです。 ここの仕事が好きなんです。 いろいろ教えてもらって、天然石の名前も覚えたし、外国の人に話しかけることも怖くなくなったんです。」

彼女の第一声はこうだった。



そんなことならどうして泣くの?と思いながらも

「それはありがとう。 、、、で?」

と私も続けた。



「家庭と自分自身に問題があって、働くことができません。」

彼女は泣きながら言った。


彼女のご両親は2年前に既に亡くなっていて(これは面接の時点で聞いていたが、何が原因で亡くなったのかは知らなかった)、残されたのは自分と妹だけで、精神的にやっていく自信がない、、、と言うことだった。


ご両親の死後、ショックのあまり精神的にやられてしまい、時々今何をしているのか、さっき何をしていたのか、記憶がなくなる、、、ということだった。


そして、2年前にお医者さんに診てもらった時は、まだ軽度の症状だったが、ここで働き出してから覚えることが多くあり、その症状が日々重くなっていることに気づかざるを得なくなった、、、と言った。

鍵を掛け忘れることや、商品を置き忘れることも多くなり、失敗したらどうしよう、、、と言うプレッシャーも強くなったと言った。

そして何をしているか分からない自分が怖いとも。



話を聞いているとき、私は彼女の境遇と彼女の精神状態のすべてに怖くなった。



彼女の友達は「考えすぎ」と彼女に言うらしいが、私はそう思わない。

両親が急に亡くなり、まだ子供だと思っていた自分が妹の面倒を見なければならなくなった。

悲しく辛い思いと、これから先の見えない未来に向かっていかなければならない現実。

頭がおかしくなっても不思議ではない、私はそう言った。





彼女の話を聞いていると、助けてあげたいけれど、どうすることもできない自分にまた直面した。


彼女は

「もし精神的に安定して、それでまだ、ここにバイト募集の紙が張ってあったら、また来てもいいですか?」

と私に聞いた。


私は即答できなかった。


恐らくタイ人なら
「もちろんさ~!」
とその場を軽く流したに違いない。


だけど私にはそれが出来なかった。


「私は何もしてあげることが出来ないけど、早く気分が少しでもよくなって、元気な顔を見せてね。」

そう、答えた。


そんな自分に吐き気がした。





↓応援クリックお願いします。↓

banner_02.gif



スポンサーサイト

ウサギモチーフ勢ぞろい

かわいいポーズ。

comment iconコメント ( -2 )

み~。さんの吐き気の意味、わかる気がします

個人的には「いつでも!」でも
仕事として店を切り盛りしている立場からしたら
人情だけではやっていけない部分も多々あります
そのもどかしいジレンマは仕方ないですよ
でも「顔を見せてね」って言葉だけで
充分彼女にもみ~。さんの優しさ・想いは伝わってると思います

彼女も少しずつ気持ちのバランスが取れるようになれば
楽になれる時来ますよv-352
それが大人になるってことですから~(~o~)


名前: ひめネエネエ [Edit] 2007-05-04 13:30

★ひめネエネエさんへ★

昨夜、彼女が帰った後、彼女の口から出てきたショッキングな事実にいつもはおいしく飲むコーヒーも飲めませんでした。。。

ここにいると日本では想像できないような苦労をしている人に出会うことが多く、その現実を考える毎日なのですが、実際に自分がそういうことに直面すると、どうにも出来ない無力感だけが残ります。

人情や助けたいと思う気持ちだけではやっていけない、、、本当にそう痛感しました。

ひめネエネエさんがおっしゃるように、壁を乗り越えた彼女が立派な大人になってくれることを祈るばかりです。

名前: み~。 [Edit] 2007-05-04 14:06

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。