FC2ブログ

1sep10 (2)

例のケーキ屋さん、忘れられずに早速行ってみた。

お店の中に入ると、ガガガーンッ!!!
あの時見た、アノ美しいケーキたちがいない!
全く違うケーキたちに代わっているし、種類も少ないではないか!
詐欺だ、これは詐欺だ、、、と心の中でブツブツ言いつつも、来たからには買わないわけにもいかない。

「これと、、、これと、、、これ、ください。」
と選んでいると、スタッフの女の子が
「あなた、タイ人じゃないんですか?!」
と目をキラキラ輝かせて聞いてきた。

「違います・・・」
あれ、何で分かったのかなぁ?といつもなら絶対に気づかれないのに、この日はバレてしまった自分をちょっと後悔。

それを聞いていたオーナーのおばさん、すかさず
「どこから来たの?!」
すごいかぶりつきよう。

「日本人なんです。」
私も苦笑い。

その後、
「ここに住んでるの?」
「どれぐらい住んでるの?」
「何してるの?」
「彼はタイ人?」
「子供はいるの?」
などなど、ほとんど尋問状態。
仕舞いにはパスポートの提示を求められるかと思うぐらいの勢いだった。

気を取り直して
「ここのケーキは日によって違うんですか?」
と聞いてみた。

答えはその通り。
その日によって売っているものが違うそうです・・・
楽しいような、悲しいような。
私のように「あのケーキが食べたい!」と思ってお店に着いた人には悲しい結果となってしまう。


ケーキを早速試食。
上に乗っているパセリに不思議な感覚に陥るが、気にしない。

一番上の白いケーキ、65バーツ。
甘くない。 全く甘くない。
美味しいわけじゃないけど、美味しくないわけでもない。
柔らかくしっとりしたクリームは素敵。
でも、もう買わない。

1sep10 (3)

チョコレートケーキっぽいケーキ、65バーツ。
甘い、激甘。 濃厚。
半分でギブアップ。


1sep10.jpg

ブルーベリーの何とかケーキ、60バーツ。
一番普通だったかも。

今回のケーキ、どれも不発。
仕方なくリベンジにかける。
でもあれだけ尋問されると行きにくいなぁ、、、



スポンサーサイト