怪しいお菓子1

昨日から近所でちょっとした催し物があり、そこに行ってきた。

一応、「OTOP=一村一品」のイベント、と言う名前がついていたが、行ってみると実際はそうではなく、安い服や日用品、食べ物等がほとんど。
私も主人もがっくり。

でもそこで何も買わずに帰るのも悲しいので、お菓子をゲット。
今までに食べたこともないし、見た目も悪いが、主人がなぜか私に勧めたのが上の写真のお菓子。

硬くて乾燥していて、そしてプラスチックの紐でくくってあるお菓子。
何かの粉を練ってそこにゴマを入れ、乾燥させた感じ。


何度も「いらない」と言う私に、きっと好きな味だから、とか甘くもなく塩辛くもなく、美味しくもなく、、、、などと複雑な説明を繰り返す主人。

買うなら1つでいいと言う私を無視して結局2つ買った。
1つ10バーツ。

例のごとく、このお菓子の名前を聞いたが「・・・・・ン・・・・・」とだけ返事がきた。
やっぱり知らないらしい。


その後帰ろうと思ったら、お菓子を売っている主人の知り合いにばったり出会った。
逃げようがない、、、買うしかない、、、

その友達が売っていたのがこれ。

怪しいお菓子2


蜂蜜を飴のようにし、それを細く細く伸ばし絹糸のような感じに仕上げ、この中にゴマが入っている。

「日本語でこれは何て言うのー?」
とその知り合いに聞かれたが、知らないよ、こんなお菓子。

10個入り35バーツ(約100円)。
日本人の感覚からすると高くないかもしれないが、チェンライ人からすると高いお菓子。


家に帰って早速試食。

最初はモソモソ、そしてネバネバ、中身はパサパサ、、、もう恐ろしいぐらい噛み合っていない。
誰がこれを美味しいと思うのか?!


初めて食べた主人も
「この友達さ、このお菓子のことすっごく自慢してて、このレシピ3万バーツで売ってあげるって言われたことあるんだけどね、、、はやらないよね、これは。」
と言った。

確かに、一度試しに食べてみて、もう一回買いたいと思う味じゃない。



それからしばらくして、あの乾燥した丸い物体を主人がオーブンで焼いてくれた。

怪しいお菓子3


最初の見た目からは想像もつかないような、あまーい魅惑の匂いが漂ってきた。

パリッとかじったら、確かに甘すぎず軽やかで、、、まさかおいしいの?! 
うん、おいしいぞ!


びっくりしたー!





スポンサーサイト


夕方、窓の外で木がガサガサと揺れていたので、またリスちゃんかな?と思って見てみた。

そうしたら、やっぱりかわいいリスちゃんがツタ系の植物の上を行ったりきたり。
窓越しだったためにリスちゃんも私の存在に気がつかず、チョロチョロ忙しく動き回る。


あまりにも至近距離で、あまりにもかわいかったので、カメラ取りに行こうかな~?と考えていたら、今度はゆっくりと静かに鳥がやってきた。

よく見てみたら、フクロウ君だった。

ふくろう1

ふくろう2


野生のフクロウをこんなに至近距離で見たことがなかったために感動!


どうもこのフクロウ君、りすちゃんを狙って飛んできたけど、まだ子供なのか、それともこういうサイズのフクロウなのか小さめ。
約20cmぐらいで、リスちゃんも一瞬逃げたものの、「なぁーんだ、ちびっ子!」とでも言いたげに、フクロウ君の近くまで何度も近づいて挑発していた。

我が家にはいろんな動物が遊びに来てくれて幸せだと思った。




リス1

先日、リスを偶然目にしてから、意識して探すようになった私。
やっぱりリスはかわいいし、何と言っても癒される。


その後、何度か我が家に遊びに来ているところを発見したのだが、カメラがなく写真が撮れなかった。

そして、今日は早く目が覚めたので朝から彫金作業開始。
彫金をするスペースは家の隣の空いたスペースに屋根をつけただけのもので、工房とは言いがたいがそこで彫金作業をする。

その時、ガサガサ~と音がして、キューキューともピーピーとも言えない鳴き声とともに、小さなリスちゃんが現れた!
しかも2匹!

慌てて、でもゆっくりと動きながら、カメラを取りに戻り、激写。


リス2

リス3

かわいい~!
すばしっこいけど、鳴きながら動いてくれるので、探しやすい。


ずいぶんと長い間、ボケーッとリスちゃんに見とれていたら、

「オソヨ~!(私より遅く起きたよ~の意味)」

と大きな声を出しながら主人がやってきた。
リスちゃん慌てて退散。
・・・残念。



私もいつまでもボケーッとしているわけにもいかないので、作業開始。

今、10月1日の新作に向けて、動物モチーフ製作中。
動物はその一つ一つのキャラクターや、個性、性格を考えながら表情をつけるようにしている。
だからやっぱり楽しい!


リス4


もう一回作って!と言われても作れないし、作るつもりもないので、必然的に期間限定の商品となる。

皆さんの好きな動物は何ですか?



しおり1

日本はもうすっかり秋めいて来た頃。
秋といえば、いろいろあるが、そのひとつ、読書の秋。

私は本が好きな人を尊敬する。

私の場合、貧乏性だからか本を読んでいる時間がなんだかもったいないような気がして、あまり本を読みたい!と思わない。
だけど本当は本をたくさん読んで知識をどんどんと頭の中に入れている人に憧れる。


そして、この秋、私はそんな人たちとコラボしたい!と考えた。
作ったのはしおり。

9月15日の新作となる予定。

しおり2

しおり3

しおり4

しおり5


しおりは今回初挑戦だが、作り出したら楽しくて楽しくて、やめられない、止まらない。

楽しいと思いながら作る作品は、仕上がりもいい。



今年の秋は、「mz collection」 のしおりをお供にしてください。



主人のビビビッ!1

主人は古いものが大好き。
私も古布以外なら、年季の入った堅いものが好き。


先日、あるアンティークショップへ寄って、主人がビビビッ!ときたのが↑のもの。

かなり大きめの水牛か何かの骨でビーズを作り、木の実と合わせてある山岳民族のヴィンテージネックレス。

主人が
「これが絶対に欲しい! ビビビッと来たんだ!」
と熱く私に訴えた。

これを見た瞬間、もっと他にもいーっぱいいーっぱい違ったネックレスがあるのに、なぜに、なぜにこれを選ぶのか???とウェッとなった。

そして値段を聞いてさらにウェッとなった。

帰ってきてちょっとマネキンに着けてみた。

主人のビビビッ!2


・・・・・デカイ。

・・・・・でも、こんな奇抜なファッションの人、日本にいそうじゃない!? 




そして私のビビビッ!

私のビビビッ!1
私のビビビッ!2


何かよく考えたら、主人のこと言えるような立場じゃないと今更気がついた。。。



9月1日新作更新


「ハンドメイドシルバーアクセサリー mz collection」 よりお知らせです。

男女兼用タイプで使えるココナッツビーズのネックレスや、凝ったデザインの繊細シルバー、真鍮系のネックレス等、合計9作品アップしました。

こちらは9月15日までの期間限定商品となりますので、どうぞご了承ください。



*****

最近、うさちゃんエリアに落し物がある。

2、3日ごとにひとつ、フレッシュなのが、、、
それがこのキノコの根元にあるコレ↓

落し物


最初は、まさか猫?!と思ったけど、我が家のうさちゃんエリアは猫や犬が入れないように、ネットで天井まで覆ってあるし、もし、仮に猫が入ってきたとしたら、きゅうちゃんとにーちゃんのストレスはすごいものだろうし、もしかしたら傷を負っているかもしれない。

ねずみは毎日のようにきゅうちゃんとにーちゃんの餌を食べに入ってきて、ちゃっかり落としていくのだが、ねずみのものは見ただけで分かる。

ずーっと誰のだろう、、、と考えていた私。

そして今朝、落し物の主らしき動物を発見。


ネズミサイズで、ピョンピョンと木から木へ渡り、ネズミよりちょっとフワッとしたシッポ。
なんとリス君が我が家に遊びに来ていた。

とてもすばしっこく、写真など取れたものではなかったが、今朝は家の前の木に登ったり、きゅうちゃんエリアに入って来たりとサービスしてくれた。

私も主人も、これは絶対にリス君の落し物だと確信したのだが、本当にそうだろうか?
あんな小さい体で、こんなに大きいものをするの??

不思議、不思議。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。