先生からの本1

先日、なんと、あの主人の憧れの先生から本が届いた。

先生が書かれた本で、最近出版されたところのものらしい。

私が
「あのオカマの先生から?」
と聞くと、
「いや、先生は物腰が柔らかいしゃべり方するけど、オカマじゃないよ。」
と言った。

・・・先生、失礼しました。



実はあの日、メールアドレスやケータイの番号をもらってから、たまに連絡を取っていた主人。


以前、みかんやその他の中国から輸入された果物等を15キロ送りつけ(多すぎ!)、忙しいのに先生がわざわざお礼に電話をかけてきてくれたこともあった。

赤色の表紙をめくると、そこには先生からのメッセージが書かれていた。


先生からの本2


とても丁寧な言葉で、心をこめてこの本を贈ってくれたことが分かる温かいメッセージ。


もう主人は大喜び。
子供のように両手でその本を抱きしめて、
「これ絶対に誰にも触らせない~!」
と小躍りした。


本を読むときもぱっくりと平たく開いてしまうと、ページが破れてしまうからと(タイの本は本当に簡単に破れてしまう)、こそっと開き、V字の状態で読んでいる。
少し読んでは「えへへ~!」と嬉しそうに笑い、パタンと本を閉じ、表紙を眺めたり、先生のサインを眺めたり。

主人は本当に本が大好きで、貧しかった子供の頃、当然本など買えなかったので野菜や魚が包んであった新聞の切れ端をゴミ箱から拾ってきて大切に大切に読んでいた、と聞いたことがある。



先生お忙しいのに本当にありがとうございました。
先生のおかげで主人はとても嬉しそうです。




スポンサーサイト

豚足のハーブ煮

昨日、住宅地の管理人さんが
「カームー(豚の足)を作ったから取りに来て」
と電話をくれた。


この管理人のおばさん、とっても料理が上手で特に、このカームーは以前にも売っていたぐらい評判がいい。

主人がホクホクしながら、管理人室へ向かい、いただいてきたカームー。

かなり本格的で、お盆ごと一セット用意してくれていた。

いつものことながら、本当においしい。
お箸を入れるだけで肉がほぐれ、口に入れるととろけるように柔らかい。
どうやったら、こんなにおいしいカームーが作れるのか。

チェンライのどこのレストランで食べるカームーよりも絶対においしい。
ごちそうさまでした。

出来ればまたよろしくお願いします。



8月15日の新作リング

「ハンドメイドシルバーアクセサリー mz collection」 よりお知らせです。

日本はまだお盆の真っ最中でお休みモードたっぷりかもしれませんが、8月15日に通常通り新作をアップします♪

今回はシルバーや真鍮を使ったリングを数点アップします。
mz collection の定番となる予定のリングです。

上の写真の他にも、細めの3連リングやクラフト感たっぷりの木の枝リング等も予定しています。
ぜひぜひネットショップまで遊びに来てくださいね~!


*****

先日、スタッフのオー君が事故に遭った。
車を路肩に停め、バイク修理屋さんのオーナーと話している時、後ろから大型トラックがやって来て、停めてあった車の後部座席のドアにあたった。

オー君は幸いにして、外にいたので怪我もなかったのだが、車はかなりのダメージ。

降りてきたトラック運転手は、なぜか鉄のパイプを片手に持ち、いきなり
「警察には行かないから」
と言い放ったらしい。

飲酒運転だったのか、それとも日本でも話題のアレの常習者なのかと言う感じだったとか。

その恐ろしさに周りにいた誰も何も言えず、後部座席がへこんだ車だけが残った。

私としては全く納得のいかない話で、警察に行かないとぶつけた本人が言っても、明らかに向こうが悪いし、こちらは修理をしなくてはならないのだから、現場に警察を呼べばいい話なのに、、、とイラッとしたが、ここはタイ。
タイ人は変なところで押しが弱い。



後部座席がへこんだ車は、私たちがオー君に使ってもらっているオンボロリッキーだったと言うことと、オー君に怪我がなかったとうことで、不幸中の幸いと言うことか、、、

リッキーの車体は渋いワインレッドだが、へこんだ後部座席のドアは取替えが必要となった。
同じ車種の中古のドアを安くで買い取ったものを、そのまま入れたので、そこだけ黒い。
見た目かなり笑えるし、恥ずかしい。

だけど、大丈夫。
ここはチェンライだから。



そしてその数日後。

技師のノイさんが、いつもの仕事時間になってもやって来ない。

まぁ、遅刻は毎日のことだし、無断欠勤だってよくあること。
さほど気にもとめていなかった。


その翌日もまた来ず、困ったなぁ、、、仕事溜まっていくよ、、、と思っていたら、隣に住むオー君がやってきて、
「今度はノイさんがやっちゃったよ!」
と私に言った。


何でもノイさん、バイクを運転していて道路を横断しようとしたとき、乗用車と接触しそうになり、慌ててよけたらバイクともどもこけてしまったらしい。


そして4日後、ようやく仕事にやってきたノイさんは、左足のひざを2針縫ったと言い、バイクもメチャクチャに壊れたために、修理しようがない、、、と言った。


話を聞くと、これまた接触しそうになった車は、ノイさんがこけた後すぐに走り去ったために、どこのだれかも分からないと言う。

お互いに不注意が招いた事故だと思ったし、これは正直なところ、ノイさんの普段の運転振りから、(ノイさん、スピード出しすぎだったんじゃないの~???)と思ったが、あえて言わなかった。



それを聞いた主人が
「気をつけないとね。。。」
と言った。


そういえば順番が回ってきそうな予感。
くわばら、くわばら。



この子は何1

今日、彫金をしていたら、モコモコヨタヨタ動く、白い小さな塊があった。

最初は埃かなと気に留めていなかったが、その動きがあまりにもかわいい。
よく見てみると、不思議な生き物だった。

この子は何2

何だか、宮崎駿監督のアニメに出てきそうな動物。

とても小さく、孔雀のような格好をしている。

下の写真は、彫金で使うピンセットの上に乗っているところだが、これでこの子がどれだけ小さいかわかると思う。

この子は何3
この子は何4
この子は何5
この子は何6
この子は何7

この子、恥ずかしがりやさんのようで、カメラを向けるとクルリと背を向け、反対方向へとヨロヨロ、ヨタヨタ、歩き出す。

ところで、この子は何でしょう??




2009年8月1日更新


ハンドメイドシルバーアクセサリー mz collection よりお知らせです。


藻玉や緬茄菩提樹の豆を使った、インパクトのある個性的なネックレスを7点アップしました♪

夏場はもちろん、秋冬にも活躍しそうなシックな色合い、デザインに仕上がったかと思います。

こちらの商品は8月15日までの限定商品となります。

ぜひ一度、ネットショップの方にも遊びに来てくださいね~!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。