1ff2010.jpg

毎年、年末年始にかけて行われるフラワーフェスティバルに行ってきた。
去年のような失敗はなく、一直線で会場へ。

まだ2日目ということと、この時期昼間でも暑くないので行動しやすいためか、とても多くの人でにぎわっていた。

以下、フラワーフェスティバルに行ったつもりになれるぐらい、写真たっぷりでご紹介。

2ff2010.jpg

3ff2010.jpg

4ff2010.jpg

その多くが花や葉っぱで作られているが、こちらはとうもろこしの粒でかわいく作られていた。

5ff2010.jpg

6ff2010.jpg

7ff2010.jpg

8ff2010.jpg

チェンライ県が出来て750年目と言うことらしく、いろんな場所で750と言う文字が見られる。

9ff2010.jpg

↓こちらが大賞に輝いたもの。
タイ国王のお母さんの絵が利いた様子。

10ff2010.jpg

11ff2010.jpg

12ff2010.jpg

13ff2010.jpg

今年は何となく似たような色、似たようなデザインのものが多く、ちょっと残念。

14ff2010.jpg

15ff2010.jpg

16ff2010.jpg

17ff2010.jpg

18ff2010.jpg


広大な土地にいっぱい咲いたきれいな花といい香りに包まれて、リフレッシュ。
満足、満足。



スポンサーサイト

22nov1.jpg

11月21日、22日は満月。
タイではローイクラトン(灯篭流し)のお祭りが行われた。

ローイクラトンも今年で11年目。
とりあえず近くの会場まで行ってみたが、いろいろと考えることがあり、今年は会場の川で灯篭を流すのではなく、空中クラトンを自宅で飛ばすことにした。


22nov2.jpg

飛ばす前にいっぱいいっぱいお願い事をする。

22nov3.jpg

私と主人の願いを託した空中クラトンは、あっという間に夜空に吸い込まれていった。

22nov4.jpg

今年一年、何事もなく過ごせたことに感謝。
そして来年もどうかどうか、私の大切な人たちがみんな健康でいられますように。



12oct10-1.jpg

我が家のプレコちゃん。
たしか4,5年前にスタッフが持ってきて池に放した2匹。
みんなから「泥やゴミを食べて生きていくからエサはやらなくても大丈夫」と言われたので、本当にほったらかしにしていたし、全く面倒も見ていなかった。
半年前、池の掃除をしたら何とまだ生き残っていた。
さすが古代魚、すごい生命力。

見た目や模様、形もあまり好きではないけれど、それ以来、私の目のつくところで飼うことにした。

この子はちょっとお肌が白っぽいので白プレコちゃんと命名↓。

12oct10-2.jpg

この子は黒プレコちゃん↓。

12oct10-3.jpg



とりあえず魚のエサを入れてみたら、裏返ってパクパク食べた。
口が下にあるから食べにくいのか、もしくは裏返るために今度はエサが見えないのか、またはもともと目が悪い魚なのか、なかなかエサまでたどり着けない。
じれったい・・・

12oct10-4.jpg

12oct10-5.jpg

12oct10-6.jpg

12oct10-7.jpg

12oct10-8.jpg

裏返ってバタバタ、エサをなかなか食べられない様子はとてもマヌケだけど、愛嬌のあるプレコちゃん。
美味しいエサを食べだしたら、もっと大きくなるかな?


13sep10 (1)

我が家の食卓。
二人しかいないので、こじんまり。

いつも見慣れたテーブルなのに、見慣れないもの発見↓

13sep10 (2)

テーブルの下から、芽が出てきた!

古木なのにそんなはずない、、、と確認すると、この子は外からの侵入者だった。
食卓の後ろの扉は使わないので、閉めっぱなし。

13sep10 (3)

大きくなぁれ!



4sep10 (1)

ここ数日、我が家のガラス戸の前にに、どっかからやってきた三毛猫ちゃんがちょこんと座る。
まるで入り口で見張り番をしているみたい。

4sep10 (2)

あのカエルみたいに、主人のゾウリが気に入ったのか?
窓越しに「ネコちゃーん!」と呼んでみた。

4sep10 (3)

振り向いた!
意外に怖い顔、、、

4sep10 (4)

今日も来てくれるかな?



1-1.jpg

日曜日、主人と一緒にチェンライの動物園に行った。
といっても実際には動物の調査や保護が目的の場所であって、あまり公には知られていない場所のようで、そこにたどり着くまでに人に道を聞きながらなんとかたどり着いた。

かなり時間がかかって、かなり遠く感じたが、実際にその場所が分かると、あーなんだ、こんなところに動物園があったのか!という感じ。
看板等、ほとんどないので要注意。


チェンライのあまり知られていない動物園。
どうせしょぼいだろう、どうせ鳥、鳥、鳥、鹿、鳥、サル、、、なのだろう、、、と思っていたけれど、動物好きの私はそれでもいいとウキウキだった。

実際に到着すると本当にこじんまりとした感じで、でも自然いっぱい。
私のテンションもアップ!!
以下、一緒に動物園に行った気持ちになれるぐらい写真いっぱいでご紹介。

1-2.jpg

何がいいって人が少ないのがいい。
1-3.jpg

白い孔雀。
1-4.jpg

そして動物が近い。 エサくれー!
1-5.jpg

1-7.jpg

1-8.jpg

この子なんて、本当に近くて手を伸ばせば触れそうなぐらいだった。
1-9.jpg

ラブラブ~♪
1-10.jpg

1-11.jpg

1-12.jpg

この九官鳥、普通に「サワディークラップ」とも言うけれど、ケータイの呼び出し音のような機械的な音まで得意。 びっくりしたー!
1-13.jpg

頭を逆立ててけたたましく鳴く鳥。
1-14.jpg

鳴いてる時に薄い青白いまぶたを閉じていた。
1-15.jpg

1-20.jpg

1-24.jpg

1-25.jpg

1-26.jpg

エサちょーだい!
1-27.jpg

エサくれる?と私を見るカワウソ。
1-28.jpg

1-29.jpg

この寝ている方のハリネズミの足の裏に萌え~。
1-31.jpg

何とこの動物園、一般人が普通にエサをあげていた。
この家族はどうも常連さんのようで、お母さんはエサをつける棒まで用意していた。
1-34.jpg

バナナをもらってる。
1-35.jpg

ワシにもくれー。
1-36.jpg

ワシにもくれくれー。
1-37.jpg

さすらいの狐。
1-38.jpg

もっと鹿いっぱいかと思ったけど、このかわいい小鹿ともう一匹、そして大人1匹しか見当たらなかった。
1-40.jpg

ピックアップトラックからエサをばら撒く人たち。
エサはさすが、南国、ドラゴンフルーツ。
1-42.jpg

1-43.jpg

1-45.jpg

大きな池の周りにはサルや鳥、ウサギなどが放し飼い。
残念なことにここには人間は入れなかった。
1-46.jpg

1-47.jpg

この写真をよーく見て! 私、釘付け!
1-49.jpg

うさちゃんが池の水を飲んでいた~! かわいい~! 上にも2羽寝転んでいる。
1-50.jpg

この動物園、私は気に入った。
スケールの大きな動物園、設備が整った動物園が好きな人にはおススメできないけど、、、

いいと思うところは、1時間もあればしっかり見ることができるし、チェンライ市内からも近く自然いっぱい。
人が少なくて、何といっても動物が近くで見ることができて、様々な動物の鳴き声はまさにジャングルの中にいるかのよう。 しかも普通にみんな動物にエサあげてるし。

難点はうさちゃんがあまりにも遠いことと、おいしそうな食べ物系が売っていないこと。
なので、今度はお弁当持参&動物のエサ持参でまた行こうと思う。
チェンライのおススメスポット。




今日もいつものように、家の横にある作業場で午後からノイさんと仕事。

姉妹店「Thai Beads」からのご注文の小さな花をたくさん作っていた。

直径7mmほどの小さな花なのだが、その一つをうっかり落としてしまった。
かがみこんで落としたと思われる場所あたりを一生懸命探しても見つからない。
ゴミ箱の下に転がり込んだかな?と思い、ゴミ箱をどけてみてまた探す。
それでもない。
小さい花なので、なかなか見つからない。
枯葉の下かな?と思って、その枯葉をどけようとした瞬間・・・・・


ギャーッ!!!
枯葉だと思って触ったものは、このコだった・・・














21july1.jpg

21july2.jpg

見事なイボイボ具合とは裏腹に、そのプニュッとした肌触り・・・
目が悪いって恐ろしい・・・



チェンコーンにお住まいのHさんへ。 続きを読む

6july10-1.jpg

我が家は、いろんな猫ちゃんが勝手にやってきて勝手に遊んで帰る。

毎日のように違う子がやってくる。
しばらくの間くつろいで、知らないうちにいなくなる。

我が家にはうさちゃんがいるので、いつかれても困るし、今までにエサをあげたこともない。
でもやっぱり猫ちゃん好きの私はちょっと嬉しい。

6july10-2.jpg


今日の夕方は、2階のバルコニーでくつろぐ三毛猫ちゃん発見。
どうやってあがって来たの??

6july10-3.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。